床暖房稼働 ≪ 設定温度 ≫ 公開中! 詳しくはこちらからClick👆

【一条工務店】蓄電池の後付けはお得ではない?!売電単価ダウンを考える




    ご訪問ありがとうございます。k-nonです。

    以前営業さんから
    パワコンは、蓄電池後付け対応できるいていました。

    現在電力状況をみると、
    先行き不安でしかありません。

    日本における現在稼働中発電設備は、
    火力発電めています。

    そこへ、世界情勢影響もあり燃料費高騰
    電気代上昇している現状です。

    そんな状況からも、
    蓄電池導入真剣検討していました。

    一条工務店オリジナル蓄電池

    は、太陽光発電パネル搭載余剰売電契約です。
    そしてハイブリッドパワーコンディショナになっています。

    オリジナル蓄電池の後付けには‥

    1. すでに蓄電池設置があり、2台目を追加する場合
    2. 蓄電池はないが、一条工務店太陽光発電設備搭載し、
      かつハイブリッドパワーコンディショナ設置されていること
      (1)外壁蓄電池設置できるスペースがあり、
       パワーコンディショナれない場所になること

    等々…いくつかの条件があるそうです。

    2.該当し、蓄電池設置するスペース等
    設置条件について現地調査してもらいました。

    我が家の設置検討場所

    オリジナル蓄電池について

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/revolution/

    高出力・200V対応

    最大出力5.5kVAとハイパワーになっています

    『kVA』数値いほど、
    一度にたくさんの電気使えることになります。

    5.5kVAだとくの家電製品はもちろん、
    電子レンジ炊飯器同時使えます。

    また、200Vにも対応しているので、
    IHクッキングヒーターエコキュート同時使えることになります。

    容量

    蓄電容量7.04kWh規定された条件下で蓄電できる電力量
    実効容量6.2kWh実際に使用できる電力量

    一条工務店オリジナル蓄電池は、
    最大7.04kWhまで充電できる仕様になっていますが、
    実際使用できる電力量6.2kWhまでとなっています。

    容量複数あるのは、蓄電池構造上
    えている電力使ってしまうと寿命めてしまうからです。

    使用できる電力量制限をかけていることで、
    容量ゼロになってしまうのをいでいます。

    全負荷対応

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/

    蓄電池から住宅内全ての出力先電力供給し、
    家全体バックアップできます。

    太陽光パネル発電した電気蓄電し、
    夜間蓄電池から自家消費することも出来るわけです。

    また突然停電時でも、
    電力家中供給することができる
    普段通りの生活ることが可能になっています。

    デメリット

    蓄電池設置することで、
    恩恵けられるメリットはあります。

    • 電気代えることができる
    • 災害時でも安心

    しかしメリット反面
    導入コストかる
    売電単価がる
    というデメリット発生してしまいます。

    導入費用

    需要くなっている蓄電池ですが、
    まだまだ高価なものであることにわりはありません。

    オリジナル蓄電池は、工事費込みで約70万円。

    見積書ではないのですが、
    営業さんにいた見積内容書いています。

    同スペック蓄電池市場価格比較してみると、
    オリジナル蓄電池破格いものになっています。

    営業さんが役所申請くたびに、
    「こんなに安いんですか?」われるそうですよ(笑)

    FIT制度に影響?!

    再生可能エネルギーからつくられた電気を、
    電力会社が、一定価格一定期間 ることを保証するFIT制度

    対象となる再生可能エネルギーは、

    • 太陽光発電
    • 風力発電
    • 水力発電
    • 地熱発電
    • バイオマス発電

    となります。

    FIT 変更認定申請

    蓄電池後付けするにあたり、
    変更認定申請必要になります。

    申請をしないと、
    売電ができなくなる可能性があるので注意です。

    FIT期間中に蓄電池を後付け(追加)する際の注意点

    FIT期間中蓄電池設置すると、
    変更認定申請によってFIT価格変更となるケースがあります。
    (この営業さんからも、もってえられていました)

    変更になった場合売電単価は、
    蓄電池設置して変更認定申請をしたときの価格へと変更されます。
    (つまり売電単価が下がることに)

    変更となるのは、以下条件にあてはまるケースです。

    太陽光パネル合計出力が、
    パワーコンディショナ出力よりきい過積載場合

    蓄電池パワーコンディショナよりも太陽電池側設置する場合
    (電力会社の送配電網側ではない)

    条件てはまらない場合は、
    蓄電池増設後付設置でも売電価格わりません。
    (詳しくは担当営業さんに確認してみてください)

    場合はこの条件てはまる
    売電単価がることになります。

    おそらく5がることになりそう💦

    元は取れる?

    あくまで蓄電池は、
    災害用であったり・電気自給率めるものです。

    他メーカー蓄電池では、
    100万円をえる高額なものになるので、
    そもそもれるか?といったにはならないわけです。

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/revolution/

    一条工務店オリジナル蓄電池だと工事費込みで約70万円。
    出費金額回収できそうな微妙ライン・・・
    だからこそれるか
    という発想まれてしまうわけですが〜 ^^;

    邪道えではありますが(災害用という観点きに)
    検討判断材料になりうることなので、
    年間電気代らしFITわる10年を一括として
    どのくらい費用回収できるのか
    次回試算をしておえしようといます。

    おわりに

    おおまかな計算ですが、
    FITまでに回収するのはしいことだといました。

    太陽光パネル搭載費用だけえてみても、
    12年目の売電額での計算では、
    81ヶ月れる計算でしたが、
    3年目から電気使発電時間シフトしたので
    売電金額がっています。

    3年目の売電金額してから、
    売電単価がった金額での試算必要になってくるので
    太陽光パネルだけをとっても計算がちょっとややこしいです💦

    そして、ここにきて東京電力
    6以降3割前後値上げか
    というニュースってましたね(*_*)

    昨年から電気のことばかりえているので、

    もう値上げ勘弁

    うのですが、
    生活直結することなのでっていくしかないですね..

    長くなりましたが、今回は以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    このサイトを応援しませんか?

    記事がお役に立てたり、お楽しみ頂けたら、応援よろしくお願い致します。

      2件のコメント

      初めまして。ブログ拝見しました。関西在住で2020年5月にi-smartを建てましたmasaと申します。k-nonさんとほぼ同時期のようですね。お互い「蓄電池無し」で「ハイブリッドパワコン搭載」というかなりレアな所が(笑)。ご存じだと思いますがこれは2019年11月・12月に着手承諾した一部のオーナーだけがこの様な仕様になっています。家は2022年11月に後付けで蓄電池を導入しました。後付けは地域初の導入との事もあり4月に申し込んでから設置までかなり日数がかかりました。費用は税込み¥693000です。 ちなみに太陽光パネルは、11.130kW(申請:9.900kW) 余剰(10kW未満申請)売電単価は¥21です。蓄電池設置後も売電単価の変更はありません。ご参考になれば幸いです。

      当ブログをお読みいただきありがとうございます。

      コメントを読ませていただき・・
      なんと!!!!! 
      こんな同時期(「蓄電池なし」「ハイブリッドパワコン」)の方から
      コメントを頂くことができたなんて~
      という驚きと喜びでいっぱいでございます(^^)

      またご丁寧にmasaさんの家の
      太陽光パネル搭載容量や余剰売電のこと(10kW未満申請であること)、
      売電単価等も記載して頂きとても参考になりました。
      ありがとうございます。

      masaさんとほぼ同じ仕様・状況と知り、
      再度営業さんに問い合わせし、回答を待っています。

      実は売電単価について、
      これまで何度も営業さんに聞いていて、
      先日、蓄電池シミュレーションをしてもらった時も
      再度確認したばかりでした(しつこい・・(*_*;)

      さすがにあきらめ・・ブログ書いたのですが、
      まさかこんな朗報なる情報を得られるとは思ってもみませんでした。

      masaさんは昨年蓄電池を導入されたとのことですが、
      申請から設置までには相当な日数がかかるものなんですね…。
      電気代が高騰し続ける中で、はがゆい思いだったことと思います。

      今回はご丁寧に情報を下さりまして本当に感謝しております。

      コメントはお気軽にどうぞ(*^^*)

      CAPTCHA