最新の電気代を更新しました!(2020.4〜現在まで) 詳しくはこちらからClick👆

【一条工務店】蓄電池の後付け工事で、DER補助金は使えるの?




    ご訪問ありがとうございます。k-nonです。

    我が家は契約している新電力会社危機もあり

    一条オリジナル蓄電池後付けを検討しています。

    蓄電池導入には、
    自治体によって補助金が出るところもあります。

    昨今、電力需給問題もあるなか、
    再生可能エネルギー普及めています。

    からの補助金はないのかなぁと調べてみたところ、
    蓄電池新規導入の際、
    条件クリアすればDER補助金が受けられることがわかりました。

    今回は、DER補助金というものがどういうものなのか
    一条工務店オリジナル蓄電池後付けでも受けられるのか
    お伝えしていこうと思います。

    オリジナル蓄電池以外でをご検討の方、対象機種とは段落で、
    対象機種確認できるホームページ記載しています(^o^)

    蓄電池の設置を検討

    蓄電池後付けを検討してから、
    一条オリジナル蓄電池が↓後付けできるか見てもらいました。

    DER補助金とは・・

    DERとは分散型エネルギーリソース(Distributed Energy Resources)の略語。

    DER補助金とは補助金です。

    電力供給大手電力会社発電所だけでなく、
    太陽光発電システム蓄電池などがある各家庭を発電所とするしくみ。

    電力需要増加に対し、電力安定供給コスト低減目的

    内容と条件

    新規蓄電池設置になること。

    電力管理制御する事業者(アグリゲーター)連携し、
    実証実験協力することを条件補助金が受けられる

    補助金申請は、SII(環境共創イニシアチブ)から行う。

    蓄電池SII登録されたものが対象となる。

    3つが揃うことも条件

    ☑ 太陽光発電設備

    ☑ 蓄電池

    ☑ HEMS

    対象の機種とは

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/revolution/

    一条工務店オリジナル蓄電池は、
    (旧)田淵電機(現在ダイヤゼブラ電機)製品です。

    対象機種について、ダイヤゼブラ電機ホームページ
    確認することができました。


    オリジナル蓄電池以外でご検討
    環境共創イニシアチブホームページからも確認できます。

    一条工務店に確認

    営業さんに連絡しました。

    以前、自治体補助金について話していたので、
    自治体補助金ではなく、補助金と伝えます。

    DER補助金について、営業さんも初めて知ったようでした。

    専門部署確認してくれるそうで、
    WEBページをメール添付して送りました!

    回答

    一条工務店太陽光発電・蓄電池システム
    日本産業が取り仕切っているそうで、
    日本産業補助金しい部署と確認してくれたそうです。

    結論は、補助金対応出来ないとのこと。

    理由

    一条工務店太陽光発電・蓄電池システムは、
    HEMSにも対応してDER補助金対象ではあるそうです。

    ですが、補助金条件の一つにある
    蓄電池遠隔操作対応できないということ。

    つまり、この補助金対象外になると説明を受けます。

    各部署に問い合わせてくれた営業さんにお礼を言って、
    その場は電話を切りました。

    遠隔操作の部分がよくわからないまま…
    消化できずのままでした。

    ダイヤゼブラ電機に確認

    ダイヤゼブラ電機ホームページに、
    蓄電池対応機種として記載があるのに、
    遠隔操作対応できないというのが、
    どうも腑に落ちなくて、問い合わせてみることにしました。

    遠隔操作対応できないことについて聞いてみると・・
    遠隔操作に関しては、一条工務店になるというお話で
    わからないとのことでした💦

    なんとも…一条工務店事情のことだったとは(T_T)

    おわりに

    今回、DER補助金について調べていると、
    2021年度と2022年度のDER補助金では、
    金額内容一部変更になっていたようです。

    21年度に比べて、22年度は対象機種の幅も広がっています

    今後、一条工務店
    蓄電池遠隔操作対応していくかわかりませんが、
    来年度以降にも、DER補助金が出された場合には
    内容も含め再度確認してみるのが良いと思います。

    DER補助金補助金になので、
    住んでる自治体でも補助金があれば
    どちらも申請することが可能です。

    蓄電池導入へ、少しでも負担を軽くしたいものですね\(^o^)/

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    このサイトを応援しませんか?

    記事がお役に立てたり、お楽しみ頂けたら、応援よろしくお願い致します。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA