床暖房稼働 ≪ 設定温度 ≫ 公開中! 詳しくはこちらからClick👆

【一条工務店】エアコン内部のサビによるメーカー点検を終えて




    ご訪問ありがとうございます。k-nonです。

    エアコンお手入れ中つけてしまった内部サビ

    がりがきくえたので調べたところ、
    エアコン使用年数にかかわらず腐食になるとりました。

    スローリークのことを調べていた出会ったブログです。
    各メーカーエアコンがわかりやすくっています。
    とても参考になりました(^^)/

    一条アフターサポート相談連絡をしたところ、
    メーカー点検することがまり、
    先日エアコンメーカー点検えました。

    今回は、メーカー点検内容をおえしていきたいといます。

    エアコン

    三菱電機 6畳用 2.2kw MSZ-JXV2219
    再熱除湿機能付


    再熱除湿機能のことかいてます。

    メーカーから連絡

    先日メーカー担当者さんとしたに、
    訪問時間連絡しますとのことだったので、
    っていると9ぎに連絡がありました。

    メーカーさん

    1011時くらいにいます

    点検

    予定10てくれて作業まりです。

    最初サビ状況説明し、
    エアコンお手入れ中気付いたことや、
    画像てもらいながらをしました。


    一連えたところで、点検作業りました。

    点検作業
    1. エアコン室外機位置確認
    2. 作業準備
    3. エアコンガス圧力測定
    4. 分解

    1. エアコンと室外機の位置を確認

    2リビングエアコン室外機位置案内しながら、
    配管についてかれました。
    隠蔽配管になっていることをえます。

    てて電気設備図面りにいってましたが、
    電気設備図面には、隠蔽配管がどのようになっているかまでは
    記載ないですものね(・_・;)

    2. 作業準備

    場所確認えると、
    点検作業準備一旦車って、
    道具ボックス脚立などをりにっていました。

    3. エアコンガスの圧力測定

    サビ心配されることは、
    サビ腐食ガス漏れきていないかということです。

    エアコンガス圧規定値にあるかの点検まりました。

    バルコニー設置してある室外機へ、
    圧力るための計器接続

    その後、エアコン暖房31設定にし運転

    エアコンから温風てきたら、
    室外機圧力確認をしたり、
    またってエアコン吸入温度温度計測したり
    しながら点検されていました。

    室外機エアコン近くのバルコニー設置して案外良かったかも・・
    れてたら作業大変だったかも💦

    4. 分解

    ガス圧計測をしてから、室内機点検りました。

    エアコン吹口付近養生して、
    部品しがまりました。

    お手入れしの出来ない部分は、
    しい構造なのだろうとていると、
    あれよあれよと部品されていき、
    いとも簡単熱交換器があらわになりました。

    内部の状況

    配管部分へのサビ等によってもこされるスローリーク症状
    内部状況確認です。

    した部品ドレンパンにも、サビ付着
    まっていました。

    そういえば、、エアコン掃除をしたに、
    ダストボックスいてたれが、こんな茶色かったです。

    サビつけるだったので、
    まさかサビれがれてきてるとはわなかったんですけど‥

    メーカーさん

    このドレンパンや、そのダストボックスれに
    じっている場合は、ガス漏れ材料にはなります。

    今回は、油混じりのれではなかったですが、
    っぽさをじたには、連絡してさい。

    さらに熱交換器銅管確認してくれましたが、
    ガス漏れしている形跡はなく、
    現段階使用異常はみられないないとの見解でした。

    ドレンパンサビ汚れがけっこう頑固で、
    ウエスではれず、メラミンスポンジ使としていると、
    一緒手伝ってさいました(^_^;)

    最終説明

    今回は、スローリーク症状などもなく、
    びてても問題なく使用できている状況にあり、
    現段階では交換しなくて大丈夫とのことでした。

    ただ、これが何年持つとかは使用状況環境によってもわるため、
    ○年使用での腐食劣化すぎるとかは、一概えないそうです。

    エアコンきがくないとじたり、
    油汚れをつけたには、
    再度連絡をしてもらえればとのことでした。

    おわりに

    修理場合は、熱交換器等を交換する作業になり、
    およそ2時間くらいかかるそうです。

    心配性は、

    れたら、
    修理して交換後、すぐに使えるんですか

    いてましたが・・、問題なく使えるそうです(^_^;)

    点検えてした部品していくに、

    お手入れで(取説に載っている)せない部分
    しちゃうと保証影響しちゃいますよね!?

    いていみると、

    メーカーさん

    影響はないといますが、
    してからせないってのは問題があるので、
    きちんとしてもらえれば大丈夫です。

    えてしまえば、しい工程はないので、
    注意しておくところえますね。

    説明しながら作業せてくれました。

    たしかに作業効率えられたしくみになっていて、
    意外複雑工程はないようにじました。

    くとやるではうので、
    れないうちに実際やってみようといます

    ちなみに、担当てくれたメーカーさん、
    偶然にも名字一緒でちょっと親近感ちました(笑)

    親切で、
    疑問うことも全部聞くことができてかったです。

    エアコンTV冷蔵庫とまではいかないにしても、
    ある程度長持ちする家電ってましたが、
    使用状況で、わりと消耗していく機械だと認識できました。

    今後は、様子をみながら運転していくことになりそうです。

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    このサイトを応援しませんか?

    記事がお役に立てたり、お楽しみ頂けたら、応援よろしくお願い致します。

      コメントはお気軽にどうぞ(*^^*)

      CAPTCHA