最新の電気代を更新しました!(2020.4〜現在まで) 詳しくはこちらからClick👆

【一条工務店】住宅ローン仮審査の前にやったこと




    ご訪問ありがとうございます。k-nonです。

    マイホームは、きなになります。
    大半が、住宅ローン利用返済していくといます。

    この住宅ローンには、しい審査基準があるとにし、
    ここを通過することが、一つの難題でもありました。

    年月返済になるので、
    不安じないわけもなく、
    銀行住宅ローン相談にもってみました。


    結局のところ、仮審査してみないと
    明確回答るのはしかったりするんですよね💦

    仮審査しても、
    何回受けても大丈夫というや、
    あまりくの回数けないほうがいいという情報もあったり、
    正直正解はわからなかったです。

    なるべくリスクになることはけておこうと、
    仮審査最小限しました。

    今回は、住宅ローン審査クリアするために、
    ったことをおえしていこうと思います。

    審査前の状況

    年齢|30代前半
    勤続年数|10年以上

    親族からの援助はなし
    頭金なし

    住宅購入費用全額ローン検討中

    仮審査をする前に

    住宅ローンには、仮審査(事前審査)本審査があります。

    ある情報によると、複数金融機関審査むと、
    借入先印象くなってしまうので、
    なるべくない回数がいいとかれていました。

    むやみに審査けるつもりはありませんが、
    万全状態審査むべくった対策のとおりです。

    • 個人情報(信用情報)
    • クレジットカード整理
    • 金融機関選定

    具体的内容について紹介していきます。

    個人情報(信用情報)を知る

    住宅ローン審査きくわる、
    個人情報の一つである信用情報確認をしました。

    信用情報

    クレジットローン契約みにする情報で、
    客観的取引事実登録した個人情報になります。

    また、個人年収住宅情報勤務先等属性情報及び、
    公共料金等支払情報などもまれています。

    金融機関では、ローン契約する
    ずとっていいほどこの信用情報審査うことがいです。

    信用情報キズがあると、
    ローン審査しいのりになるので、
    あらかじめ確認しておきました。

    信用情報機関

    • 全国銀行個人信用情報センター
    • 株式会社シー・アイ・シー
    • 日本信用情報機構

    確認した信用情報機関は、
    株式会社シー・アイ・シーです。

    開示請求したほうが、間違いはないのですが
    情報重複する部分いため1社にしました。

    シー・アイ・シーは、加盟会社く、
    携帯電話会社もこちらになるのでんでます。

    開示の請求方法

    信用情報がどのように登録されているのか確認するには、
    本人開示制度利用します。

    各信用情報機関窓口出向くか、
    郵送みの返送ぶことも出来ます。

    日数や料金
    開示にかかる日数開示手数料
    窓口即日500
    郵送数日500+送料500円= 1,000
    (1,000円 郵便定額小為替で支払う)

    窓口でも郵送であっても、
    運転免許証などの本人確認書類必要になります。

    では、住宅ローンむことになる
    自分のみ開示請求をし、郵送いました。

    現在インターネット使ったオンライン開示もできるようになっています。
    注意する条件もあり、開示手数料1,000円です。

    開示情報の結果

    支払いは、主にクレジットカード決済です。

    公共料金をはじめ、クレジットカード
    これらは、クレジットカードにしていました。

    現代では、ショッピング等クレジットカード利用は、
    問題にならないそうですが、のためっていた対策です。

    ですが、スマホ分割払い残債っていました。
    1、2ヶ月でえることが確認できたのでそのままにしました。

    すでに支払いがえていたマイカーローン記録っていましたが、
    延滞遅延などの金融事故はなく、
    事故情報・異動情報といった
    にいうブラックリストにないことを確認できたので、
    借入金額すぎなければ
    審査るだろう
    希望てました。

    クレジットカードの整理

    その使っていないクレジットカードや、
    なんとなくわれるままクレジットカード機能付き
    してしまったカード解約手続きを行いました。

    解約しても、情報タイムラグもあるので、
    解約証明書を、それぞれで発行してもらっています。

    (万一の時には、審査する銀行に提出しようと思っていたからです)

    クレジットカード1枚だけ残し、
    そのクレジットカードキャッシング枠
    なくす手続きをしています。

    金融機関の選定

    極力本命金融機関だけで仮審査をするつもりでいたので、
    固定金利にするか、変動にするかをえて銀行を一つに選定

    仮審査結果によっては、
    会社提携先銀行えるつもりでいました。

    仮審査

    仮審査2社受けています。

    本命金融機関のみのつもりでしたが、
    営業さんの要望もあって、
    一条工務店i-flatフラット35けました。

    i-flatけました。
    銀行出向いたり、日程調整しなくても展示場記入するだけで、
    営業さんが手続きをしてくれます。
    もしかすると、一条ユーザー皆、受けているのでは
    っています(^_^;)

    おわりに

    は、してたんなのりでてられたわけではありません。

    複雑家庭環境った自分は、両親とは疎遠ですし、
    妻も今はご両親がいないです。

    信用情報せるなんて、
    あまりしないことだとうので、
    薄々感じるところがあったかといますが・・。

    家探しをスタートするまで、
    妻の家の事情から借金がありました。

    完済後1~2年かけて頭金めてから
    マイホームてるつもりでしたが、
    あれよあれよ・・とまってしまいてることに💦

    仮審査むにあたり、慎重リスクらした甲斐もあり、
    i-flat本命金融機関とも、無事ることができました

    仮審査という言葉が、いイメージにじやすいですが、
    ここをスムーズしておくことは、
    後々結果ぶようにいます。
    (詳しいことは、わかりませんが💦)


    絶対したい!! といういお気持ちであれば、
    多少手間はありますが、やっておいてはないといます。

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    このサイトを応援しませんか?

    記事がお役に立てたり、お楽しみ頂けたら、応援よろしくお願い致します。

      コメントはお気軽にどうぞ(*^^*)

      CAPTCHA