5/19更新 床暖房稼働中 リアルタイム床暖温度 公開! 詳しくはこちらをClick👆

【一条工務店】寒くて・・後悔💦エアコン場所変更できる?後付け工事と費用は?




    ご訪問ありがとうございます。k-nonです。

    高性能に住んでづいたこと。
    それはエアコンが、とてもきすぎることです(^_^;)

    6畳用、再熱除湿付エアコンを、
    2リビング設置

    くつろぐ場所のリビング設置したら、
    すぎる現象が起きてしまいました。

    毎年、このみに直面。
    思い切ってエアコン2階の階段ホールに、
    後付けができないかお願いすることにしました。

    今回は、設置予定がなかった場所後付工事可能
    費用がどれくらいになるのかお伝えしていこうと思います。

    設置計画の場所

    2階段ホール設置を計画しました。

    赤枠のところ

    設置の問題点

    設置計画の場所可能?

    スリーブ専用コンセントがない場所でも大丈夫?

    保証はどうなる

    設置スペース

    2階の階段ホール
    トイレドア部分を希望。

    理由は、ごす場所ではないことと、
    向かって左リビングへのれ、
    階段から1階へのれを考えました。

    問題点は、設置スペースいことです。
    使用中の三菱エアコンはここに入らず、
    移動することはできません💦

    このスペースに入るエアコンは、
    日立エアコン(再熱除湿付)が見つかりました。
    施主持ち込みというかたちを取ることになりそうです。

    専用コンセントとスリーブ

    階段ホールなので、
    エアコン専用コンセントも将来用スリーブもありません。

    当初ここにエアコン計画もありませんでしたからね…。

    家の保証

    家電量販店でエアコン購入すれば、
    標準工事費込みだったりもします。

    ですが、一条工務店以外に工事のお願いをした場合、
    住宅保証がなくなる恐れがありました。

    住宅保証や、トラブルが起きた際を考える
    一条工務店にお願いするのが安心だと思いました。

    工事依頼

    一条工務店に工事依頼を連絡。

    サポート窓口に連絡

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/aftercare/

    一条アプリの i・サポサポート窓口に連絡しました。

    窓口の方は、すぐに図面を見て設置場所確認してくれます。
    一条工務店として工事可否判断し、
    工事課から連絡がくることになりました。

    後日工事課から、工事可能である話と、
    現地調査に入る日程の連絡がありました。

    現地調査

    業者さんと一緒に、監督さんが現地調査に来ました。

    エアコン設置希望場所へ案内し、
    階段ホールトイレドア上を伝えたところ、
    業者さんからNGが出てしまいました💦

    トイレの上

    理由は、エアコン配管勾配れないからだそうです。

    トイレの隣がロスガードになっています。
    業者さんはこのロスガード上部分を提案してきました。

    ロスガード上

    ここなら勾配が取れるそうで検討することにしました。

    スリーブ問題

    スリーブ場所は、
    室外機を置く場所の壁面にするそうです。

    そのため室内うように、配管がむき出しになります。
    ↑室内の見栄えは、ちょっと悪くなります。

    一条工務店としてもにいくつもけたり、
    の中を長い配管がつたうのは極力避けたいのだと思います。

    自分も同意できる部分で、やむを得ないことと思いました。

    専用コンセントの問題

    分電盤1階の洗面脱衣室にあります。

    分電盤からの配線が、
    きな工事になると監督さんから話がありました。

    ・業者さんが何人ること
    一日ではわらない工事になること
    費用きくなること

    そこで24.5帖の部屋のエアコン専用コンセントを使用し、
    コードいものにするがでました。

    見積り

    工事を正式確定する前に、電話連絡で聞いたことになります。

    エアコン材工|7万円
    電気材工|6万円
    大工(人件費)27,000
    クロス材工|27,000
    内部足場|5万円

    234,000

    これにエアコン本体代が加わり、30万円超える費用に。

    決断

    現地調査に来てもらい、
    電話のやり取りではわからなかった難題が浮上しました。

    設置場所階段ホールですが、
    配管施工をするために、
    足場設置が必要になるようです。

    また専用コンセントからエアコンまでがくなること。

    スリーブの中の施工方法が、
    自分と監督さんとの相違もありました。


    想定より問題も大きく、今年の工事はあきらめ
    もう一度考え直すことにしました(>_<)

    おわりに

    エアコン後付工事
    将来用スリーブ専用コンセントがない場所だと
    費用も大きく掛かり、困難であるとわかりました。

    リビング各部屋には、
    将来用スリーブ専用コンセント配置計画があります。

    廊下け上の設置等は
    最初によく計画しておくことが大事だと思います。

    逆にスリーブ専用コンセントがあれば
    後付工事も難しいことはないと思うので、
    エアコン施主支給します
    と言って配置してもらうのも良いかもしれません ^^;
    (大きい声では言えませんが)
    部屋ではないので費用は発生すると思います

    一条工務店は、
    床暖房に目を向けがちで、空調のこと勉強不足でした💦

    空調エアコン位置を考えて建てると、
    より快適に暮らすことができると思います(^_^)

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    ブログ村に↓↓参加しています。リアクションいただけると励みになります(≧∀≦)

    ポチりしてくれた方、ありがとうございます。今後も頑張ります(^_^)/




      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA


      SNSでシェア