【一条工務店】i-smart キッズカウンターを紹介 |キッチン部分|




    ご訪問ありがとうございます。k-non妻です。

    i-smart標準で選べるキッチンは、シリーズタイプ別と種類があります。
    我が家では、キッズカウンターキッチンL型(ロングサイズ) を採用しました。


    今回は、この長い名前の・・キッチン部分の仕様を紹介していこうと思います!

    キッズカウンターのカウンター部分仕様解説は↓↓こちらです

    キッズカウンターキッチンの仕様

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/lineup/i-cube/

    キッズカウンターキッチンは、
    i-スタンダードシリーズのタイプにあります。

    選べるカラー

    引用:一条工務店お住まい検討シート
    3
    • ホワイト・ウォールナット
    • ライト・ウォールナット
    • ビター・ウォールナット

    天板

    引用:
    https://www.ichijo.co.jp/lineup/i-cube/

    天板カラーはアイボリーになります。
    天板奥行65㎝です。
    (I型の場合は、77㎝のワイド標準で選ぶことができます)

    キッチン部分を紹介

    設備照明コンセント収納の順に紹介していきます。

    設備

    食器洗い乾燥機
    標準採用できます。

    シンク
    ステンレスシンク樹脂シンクどちらも標準で選ぶことができます。
    樹脂シンクのカラーは3色です。
    ● オフホワイト
    ● ライトグレー
    ● ライトピンク

    水詮
    標準の採用で2種類から選べます。
    ● シャワー引き出し式シングルレバー混合水詮
    ● 水ほうき水詮


    オプションタッチレス水詮や、浄水器内臓水詮(切替レバータイプ)もあります。

    その他オプション水詮
    オプション3種類あります。

    IHクッキングヒーター
    標準は1種類のみ。
    オプションではラクッキングリル搭載IHになり、
    シングル(右側)かダブル(左右)で選べます。
    カラーは3色です。
    ● シルバー
    ● ホワイト
    ● ブラック

    レンジフード
    L型は、ブーツ型の仕様になると思います。

    キッチンボード(セラール)
    5色から選べます。

    オイルガード
    L型の場合ありません。

    画像量関係で、設備画像をなくしました 💦 わかりづらくてすみません。
    今後、設備部分を細かく記す予定でいますので、しばらくおちください(>_<)

    照明コンセント

    照明

    LED照明の長いものが1本あります。
    吊戸棚の下に照明あります。
    レンジフードに照明付いてます。

    コンセント

    LED照明スイッチコンセント1
    コンセント2
    吊戸棚下照明スイッチコンセント2

    吊戸棚の照明、コンセント

    収納

    収納ソフトクロージング機能がついています.。

    食器洗乾燥機の下に収納があります。
    引出しを引くと2段になっています


    仕切りトレー付き引出

    包丁さしのある収納(安全ロック付き)

    コーナー用ベースキャビネット
    ターンテーブル式になっています。

    引出しをくと2段になっています


    マルチラック
    スパイスけると、けのハンガー付きです。


    ゴミ箱スペース|ゴミ箱が2つ付きます。

    (画像引用元:一条工務店 i-standardカタログ)

    おわりに

    我が家のキッチン選びは2候補の、ワイドカウンター or キッズカウンターから
    最終的に キッズカウンター を選びました。

    決め手は、キッズカウンター では手元れること!


    それ以外の理由↓こちらに書いてます

    趣味でパン作りをするので、
    作業スペースがとれるワイドカウンターてがたく思いました💦

    その時に出会ったのがL型(ロング)と組合わさる キッズカウンター

    施主先輩の友人から、一条契約した後も i-smart だけでなく色々見学しておくといいよ!と聞いていた言葉がまさに 現実に!!(笑)


    隣県の i-cube を見学しに行ったところ、
    今回の キッズカウンター と出会ったんです。

    後からカタログ確認すると、
    L型っていたんですが・・見落としていました。


    やっぱり実際 にするっていうのは、
    なにかしら発見につながりますね(^_^;)

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    このサイトを応援しませんか?

    記事がお役に立てたり、お楽しみ頂けたら、応援よろしくお願い致します。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA