5/19更新 床暖房稼働中 リアルタイム床暖温度 公開! 詳しくはこちらをClick👆

【一条工務店 】i-smartにも合うキッズカウンターキッチン 決め手はコレ!




    ご訪問ありがとうございます。k-non妻です。

    一条工務店のキッチンは、標準から選べるのが魅力です。
    オープンキッチンを選ぶなら、リビングにも合うものがいいですよね~♫

    ホテルライク?それともナチュラル系
    キッチン選びはしい反面、迷う迷う・・(^_^;)

    候補の中から最終的めたのが、キッズカウンターキッチン ・・・
    L型(ロングサイズ)です (長っ💦)

    L型(ロングサイズ)のことも書きだしたら、どう伝えたいのか?
    自分でも訳がわからなくなってしまい(-_-;)

    また、あらためて記事にしていこうと思います(すみません・・持ち主なのに)

    今回は、候補のキッチンと最後の決め手についてお伝えしていこうと思います。

    キッチン選びはどうする?

    設計打合せがまると、
    キッチンの選択より前に、フローリング建具色を選ぶことになります。

    フローリング建具色んでいくうちに、
    自分の家がどういうスタイルテイストにしていこうか?
    方向性がみえてくるようになります。

    実際私たちも、フローリングに合うキッチンびました。

    場合もありきで・・・
    最初から、このキッチン採用したい。キッチンのカラーコレ!!
    明確であれば、打合せもスムーズに進むと思います。

    i-smartで標準採用できるキッチン

    きなシリーズに分けると3種類

    • スマートキッチン
    • i-スタンダードシリーズ
    • i-クオリティーシリーズ

    この3種類から、さらにタイプ別かれています。

    候補のキッチンは?

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/iikoto/dm/delish/20_08/

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/land/i-palette/

    候補にあがったキッチン2つあり、
    シリーズも別々の スマートキッチンi-スタンダードシリーズ です。

    ① スマートキッチン

    i-smart を採用する方が、最も多く選んでいる キッチン
    そして スマートキッチン3つのタイプがあります。

    スマートキッチン
    • スリムカウンター
    • ワイドカウンター
    • ステップカウンター

    その中で ワイドカウンター が候補になってました。

    ワイドカウンター

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/iikoto/dm/delish/20_08/

    ワイドカウンター の特徴は、奥行105㎝と長いこと。
    スリムカウンター72.5㎝なので、ワイドの方が30㎝以上長くなります。

    カウンター として食事をすることや、
    料理中スペース を気にすることなく食材を置くことが出来ます。

    パン作りをするので ペストリーボードキャンバス(パンマット)を置くのにも、
    広々使えて理想のキッチンでした。

    ② i-スタンダードシリーズ

    質感がマットな風合いの i-スタンダードシリーズ は、4つのタイプになっています。

    i-スタンダードシリーズタイプ
    • オープン型
    • I型キッチン
    • L型キッチン
    • キッズカウンター

    候補となったのは キッズカウンター です。

    キッズカウンター

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/land/i-palette/

    キッズカウンター の特徴は、キッチンカウンターの間が仕切られていることです。
    仕切りのさはフローリングからおおよそ112.5㎝で、
    キッチンからカウンターる人がしっかりえます。

    仕切られているので、カウンターとしてだけでなく、
    としての利用ができていいな~と思いました。

    照明し、両サイドに収納コンセントがあり、
    正面がマグネットがつく仕様で使い勝手さそう~♪と思いました。

    採用の決め手は・・

    • 書斎を作らなくても、キッズカウンターデスク代わりになる!
    • 来客時にも手元が見えない安心感
    • i-palette(アイ・パレット) の見学で何度も見ていた

    書斎がいらない??

    我が家はコンパクトを目指し、書斎を作る予定にありませんでした。

    もっとも賃貸に住んでた頃は、生活に必要な部屋しかなかったので、
    すべてリビングで行っていましたし。

    キッズカウンター を実際見て、このカウンターで何かできそう!
    とちょっとワクワクしたのを覚えてます。

    手元が隠れて良き!

    これはワイドカウンターを採用した友人から教わったことで…

    広々使えるメリットもあるけど、
    来客が来た時は、手元隠れる キッズカウンター のが良かったな~と。
    やっぱりの声は説得力がありました。

    他にも家づくりのアドバイスをもらったこと↓書いています

    i-paletteの見学がひと押し

    引用元:https://www.ichijo.co.jp/land/i-palette/

    i-smart を建てる前、i-palette(アイ・パレット) の購入を考えていて、見学していました。

    その時から何度にしていた キッズカウンター
    色んな工夫が盛り込まれていて、使い勝手の良さもなんとなくわかってきてました。

    何度にしている間に、自然と キッズカウンター での生活想像している自分がいたり(笑)

    最終的に、この3つが決め手となって、
    キッズカウンター採用することにしました。

    付け加えると、我が家は キッズカウンターL型(ロングサイズ)合わさったものです。

    L型には、L型とL型(ロングサイズ)があります。

    おわりに

    i-smart入居した頃は、リビングダイニング兼用テーブルで食事をしていたんですが、今は断捨離して キッズカウンター で食事をしています。

    リビングにもダイニングにも使えるテーブルついてかいてます。
    断捨離してしまいましたが、とっても良かったのでよろしければ読んでみてください。

    キッチン種類があるので、それぞれれてみるのが良いと思います(^o^)/

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    ブログ村に↓↓参加しています。リアクションいただけると励みになります(≧∀≦)

    ポチりしてくれた方、ありがとうございます。今後も頑張ります(^_^)/




      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA


      SNSでシェア