最新の電気代を更新しました!(2020.4〜現在まで) 詳しくはこちらからClick👆

【一条工務店】土地探しでやったこと!




    ご訪問ありがとうございます。k-nonです。

    マイホームてよう!
    とした時に、土地探しを必要とする方も多いのではないでしょうか

    我が家も、土地探しをした組で、
    自分たちだけで探し始め、けっこうな労力でした(^_^;)

    今回は、我が家がどうやって土地探しをしたか
    お伝えしていこうと思います。

    土地探しの前に考えたこと

    土地探しをする時に、
    むところ 学校場所 予算
    など、皆さんも条件があると思います。

    を建てた同僚から、土地探しをスタートして、
    家族意見がわかれてしまうこと
    思うように進まなくなると聞いてたので、
    条件優先することを話し合っておきました。

    土地購入予算をあらかじめ決め、

    • みたい場所
    • 予算内める

    ここを目指すことにことにしました!

    予算

    予算上限め方は
    家全体に掛ける予算から 購入代金を引いたもの
    シンプルに当たり前のことですね…

    まだハウスメーカーも決まっていなかったので、見積もりもありません。
    家の購入代金は、情報を頼りに予想したものです(^_^;)

    この時に大事にしたことは、
    土地相場の考えを入れてません。

    相場をみてしまえば、
    心理的に予算計画なる‼ のだそうです (妻曰く‥)

    土地予算きくすれば、
    に掛けられるお金なくなり、
    ハウスメーカーびにいてきますからね。

    後々のことをえると、
    シビアにならざるをなかったです(>_<)

    余裕があるなら、
    公示価格調べるてみるのもいと思います。

    国土交通省HPから都道府県市町村
    んでいくとしくることができます

    自分たちも、契約前には調べてみました。

    住む場所

    みたいところ3候補まで決めてました。

    3候補とも、商業施設から場所だったので、
    生活便利なところです。

    子供がいない我が家は、公共施設は特に気にしませんでした。
    地方なので、役所に行くにしても、
    どこに行くにしても移動になるのは変わらないので。

    土地探し

    土地探しの方法には、、

    ① インターネットで検索
    ② 不動産屋へ相談
    ③ ハウスメーカー、工務店などへお願いする
    ④ チラシ、情報誌を活用
    ⑤ 自分たちで現地に出向いて探す

    などあると思います。

    自分たちが行ったのは、①・④・⑤


    ハウスメーカーにお願いするは…
    頑なにお断りしてました💦

    各ハウスメーカーに、
    「 土地探しますよ 」と、お声かけしてもらったのですが。


    自分たちの場合、ハウスメーカーんでる段階で
    土地を見つけてもらったら、
    ハウスメーカー基準がブレちゃうと感じたからです ^^;

    土地を優先するか を優先するか
    難しい選択で、各ご家庭で色んな事情があると思います。

    なにが正解とかはないので、
    優先したいものを大事にすると良いと思います。

    実際に行ったについて、書いていこうと思います。

    ① インターネットで検索

    インターネット検索すると、
    条件を絞って探せるサイトが沢山ありますよね。

    一番手軽に探すことができるので、
    当時、時間があれば検索してました(笑)

    しょっちゅう見ていたこともあり、
    掲載されてる土地は、毎回 同じものばかり💦

    そして新着更新で見つけたさそうと思う土地へ行ってみると、
    写真マジックに合ったような、
    写真からは想像できなかったことに遭遇することもありました。

    やっぱり人気土地は、
    掲載前に売れてしまうんだろうと薄々気づきつつ・・
    手軽にできるネット検索は、ついつい見てしまってましたね ^^;

    としては、分譲地れることだと思います。

    もちろん不動産屋さん、ハウスメーカーに依頼していれば、
    ネットより情報ることはできると思いますが、
    我が家のようにお願いしてない場合、
    ネットから新規分譲地を知ることが一番早いと思います。

    自分も、「 へぇ~ あそこ新規分譲したんだ!! 」
    と知ることもありましたし、検討に入れた場所もありました。

    新規分譲地は、人気があってすぐれてしまったり、
    建築条件付きということもあるので注意は必要です

    ④ チラシ、情報誌を活用

    ポストに入った広告や、
    地元タウン誌などから情報収集もしました。

    展示場案内所に、
    土地情報掲示や、用紙が置いてあったのでそちらも活用してました。

    ⑤ 自分たちで現地で探す

    みたい場所めていたので、
    現地出向いてしました。

    自分たちでぶので
    みの利用したり、まとまった時間必要になります。

    労力は使いますが、土地を見つけるには
    効率方法だと思います。

    現地ってすので、
    この道路、道幅が狭いな~
    この道は、行き止まりになってる
    日当たりどうだろう‥
    など、最初から情報としてれながら
    せて2度手間にならずにすみます。

    ネットタウン誌を見て行くと、
    場所すのにも時間がかかり、
    思わぬことに遭遇することもあるのでね💦

    おわりに

    現地出向いてしていた時に、
    南道路日当たり土地を見つけました。

    設置してある看板をみると農協

    農協宅地もやっているんだ~と、
    驚きながらその足で管轄の農協に向かいました。

    南道路のその土地は、場所も良いところで
    予算を大幅に超えてて、手が出ませんでしたが、
    まだ公に出ていない土地物件を見せてもらいました。

    農協穴場かも!? と思った一件です。

    我が家は、3候補の場所では予算が折り合わず
    4候補の土地購入しました。

    当初、予算えててあきらめた土地でしたが、
    何度んでいたら金額改定していたのです

    っててかった~というか、
    時には、しつこさありかもと感じた出来事です(^_^;)

    今後、土地も書いていきますので、
    良かったら覗きにきてください\(^o^)/

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    このサイトを応援しませんか?

    記事がお役に立てたり、お楽しみ頂けたら、応援よろしくお願い致します。

      コメントはお気軽にどうぞ(*^^*)

      CAPTCHA