【一条工務店】“神プラン”に出会えた我が家。2度の新電力切替で行ったこと!




    ご訪問ありがとうございます。k-nonです。

    真冬の寒さが厳しい時期に、電気代の値上がりラッシュ💦
    家計は圧迫されるばかりで、気持ちも冷え込んでしまいますね。

    我が家は入居1年の間に電力会社を2度の切替をし、
    今はHISでんきで契約継続中です。

    ※ SNSで話題となってた市場連動型プランではありませんよ。


    今回は、我が家が行ってる新電力会社の見つけ方と、
    注意しているポイントをお伝えしていこうと思います。

    電力会社切替先と時系列

    電力会社切替をした時系列になります。

     年 月期 間電力会社プラン名
    2020年4月~5月2ヶ月間東京電力スマートライフプランL
      〃 6月~9月4ヶ月間九電みらいエナジーNプラン
     2020年10月~2022年2月現在17ヶ月間 現在HISでんきぜんぶでんき東京

    切り替えする動機

    「なんでそんなに切替してるの?」と、
    思う方もいるかもしれないのでお応えすると・・
    支出を最小限抑えた~い!
    とごく普通の回答になってしまいました ^^;

    最初の切替は入居2ヶ月目で、
    入居と同時に新電力会社を探しを始めました。

    住み始めたばかりでデータがない中、
    えー!? 」と妻も困惑してましたが、
    東京電力オール電化スマートライフプランでは、
    太陽光パネル容量を元に計算してるので、
    基本料金く感じたのが理由です。

    新電力会社を探し始めて、電力量料金東京電力より
    抑えられるプランを見つけました。

    それであれば、データがなくても金額えられることがわかります。

    最初の切替先電力量料金がお得な九電みらいエナジーと契約。

    次に切替は、基本料金げられる可能性がある(使用電力量による)
    実量制契約HISでんきと契約しました。

    新電力会社の見つけ方は?

    皆さんの周りに新電力会社切替している人はいますか?

    時々職場で話題にのぼるんですが、
    実際に 切替る!行動まではいかないようです。
    スマホの格安シムへの乗り換えさえ何年も検討中の同僚たち。
    私の周りは保守的なのかもしれません(^_^;)

    身近で切替したの声を聞けるのが一番ですが、
    そうもいかないのでほぼネット一択になっいます。

    ネットで探し始めると新電力会社は山ほどあります。

    その中からオール電化プランがあるところを絞ります。
    ここである程度、新電力会社が絞れるので
    各々のプラン内容を確認していきます。

    しているも、切替したも、
    常にアンテナを張っていることが大事です。

    リサーチえていた電力会社でも、
    プラン変更新プランを打ち出すことが予告なくあるからです。

    実際に我が家でも、
    HISでんきぜんぶでんき東京 プランは以前確認した時には、
    契約するほどお得感は感じられず、九電みらいエナジーと契約しました。

    ですがその後突如、プラン変更をしたことを知り、
    HISでんきぜんぶでんき東京 プランに切替した経緯があります。

    電力会社を切替るタイミングは!?

    電力会社プランを見つけたらすぐに問い合わせします

    ネットで見落としがちになる、小さい文字の加入条件
    ※付きで書いてあるものがわかりにくいのでそうしています。

    加入する意思がある場合のみです

    確認すること

    りたいプラン加入できるか

    このプラン情報がいつまで有効

    最短でいつ切替られるのか(いつまでに申し込めば…)

    プラン変更がある場合も、加入した時の契約が引き継がれるか

    蓄電池をつけた場合はどうなるのか

    悩んで考えているよりも、確認した方が的確な回答を得やすいです。

    また ☑いつまでにめばいのかがわかれば、
    その日までに家の電力使用精査判断することもできます。

    新電力会社で注意していること

    新電力会社電気プランをつけているところ。

    市場連動型プランではない?

    市場連動型プランはお得な時期がある分、
    今冬のような資源価格の高騰においては値上がりきくなったりします。

    これまで加入したことはありませんが、
    そのまえて加入するものと考えます。

    違約金・解約金など契約の縛りがどれくらいの期間でいくらなのか?

    違約金解約金契約など
    全てなければリスクもありませんが、
    契約期間内の解約では解約金違約金が発生する場合もあります。

    今後、切替チャンスってきた時に
    (もっといいプランを見つけた時に)
    足枷にならない妥当な期間であるのか
    金額であるのか? は注意する点です。

    ポイントに注意

    ポイントがつく!と言われると
    付加価値が付いたようなお得さを感じますが、この点は注意が必要です。

    普段あまり利用しないポイントであれば、ポイントが分散されてしまい
    実際にポイント利用するまでに時間がかかってしまいます。

    ポイントよりも、電気料金抑えることができる電力会社
    で見極めるのが良いと思います。

    おわりに

    電気料金月々支出項目です。

    節電節約日々努力必要ですが、
    電力切替申込みするだけで電気代を抑えることに繋がります。

    そして時期によっては、節電よりも効果的です。

    少しでも支出を減らし、
    らしにできればと思うところです(^o^)

    電気関連↓になっています(^_^)

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    このサイトを応援しませんか?

    記事がお役に立てたり、お楽しみ頂けたら、応援よろしくお願い致します。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA