8/21 最新の電気代を更新しました!(2020.4〜現在まで) 詳しくはこちらからClick👆

【一条工務店】新電力から東京電力へ戻す決断!東電の契約プランは?




    ご訪問ありがとうございます。k-nonです。

    我が家はオール電化で、
    電気新電力会社変更しています。

    電気高騰や、新電力会社倒産
    新規受付停止相次いでいて、
    新電力緊迫状況下にあります。

    そんな中、我が家の契約している新電力会社HTBエナジー
    運営会社譲渡問題がありました。

    そして追い打ちをかけるように、
    電源調達調整費わるらせから、
    契約プラン市場連動型変更という改悪直面

    不安視していたことが、現実となってしまい
    悩んだ末、東京電力決断をしました。

    今回は、新電力会社から東京電力えて、
    契約プランはどうなるか
    我が家についてお伝えしていきます。

    我が家は↓このようになってます。

    i-smart

    27坪 延床面積(89.16㎡) 2階建て 3LDK

    オール電化 太陽光発電パネル 10.08kw搭載
    余剰売電 蓄電池なし うるケア採用

    関東在住

    間取りは↓コチラ

    電力会社切替先と時系列

    我が家は、
    ① 東京電力
    ② 九電みらいエナジー
    ③ HTBエナジー
    えており、9月からまた東京電力になります ^^;

     年 月期 間電力会社プラン名
    2020年4月~5月2ヶ月間東京電力スマートライフL
      〃 6月~9月4ヶ月間九電みらいエナジーNプラン
     2020年10月~2022年8月現在23ヶ月間 現在HTBエナジーぜんぶでんき東京

    九電みらいエナジーのことです。

    東京電力のプランと、HTBエナジーのプラン(当時の)比較です。

    東京電力へ切り替え

    自体は、
    東京電力ホームページ申込みフォームからできます。

    引用元:https://www.move.tepco.co.jp/rcpt/change/apply

    今回、プラン相談をしたかったので、電話をしました。


    電話窓口は、っていてがりにくいです💦
    仕事休憩時間内ではしく、
    時間余裕がある使って、わせしたほうが良さそうです(苦笑)

    プラン

    オール電化プラン3つ。

    • スマートライフS
    • スマートライフL
    • スマートライフプラン
    引用元:https://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/smartlife/index-j.html

    スマートライフS

    一般的には、ブレーカ契約と言われています。
    アンペアブレーカ(電流制限器)
    または電流制限する計量器による契約(10A~60A)

    引用元:https://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/smartlife/index-j.html

    スマートライフL

    主開閉器(漏電遮断器など)容量に応じた6kVA以上の場合の契約

    引用元:https://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/smartlife/index-j.html

    スマートライフプラン

    スマート契約
    つまり実量制契約になります。

    新規の受付は停止しています。

    引用元:https://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/smartlife/index-j.html

    プランはどうなる?

    我が家が、契約していたHTBエナジーでのプランは、
    実量制契約(スマート契約)でした。


    東京電力スマート契約であるスマートライフプランは、
    新規停止のため、
    プラン変更相談ねてわせてたところ、

    東京電力では、契約プランについて
    以前電力会社契約形態引継となっているとのこと。

    よって、スマート契約スマートライフプラン
    むことが出来ました

    スマート契約(実量制契約)について

    スマート契約(実量制契約)とは・・
    電気使用実績づき、基本料金まる契約です。

    基本料金まり

    過去1年間のピーク電力より決定。
    スマートメーターで計測された過去1年間の各月ピーク電力のうち、
    きい契約電力になります。

    この契約電力に、料金単価掛け算し、
    算出した値が基本料金になります。


    ピーク電力とは・・
    30分ごとの電気使用量のうち、
    月間きい2倍にしたです。


    HTBエナジー図解わかりやすいです。

    引用元:https://htb-energy.co.jp/zenbudenki/jitsuryou.html

    基本料金が変動する

    固定された基本料金ではなく、
    使用実績づいて、基本料金まるので変動があります。

    電気使工夫次第基本料金えることも

    節電の意識が高まる

    スマート契約(実量制契約)では、
    ピーク電力えることが重要になってきます。

    消費電力きい家電は、
    同時使わないなど(30分間使い続けなければ大丈夫)
    家電消費電力くようになり、
    節電意識まります(^o^)

    向き・不向きがある

    家族構成や、各家庭における日々の生活サイクルによっても
    ・不向きはあると思います。

    メリットデメリットを考えてみました。

    メリットデメリット
    基本料金変動するので、固定費節約がる家族協力必要
         
    節電意識まる節電意識するあまり、それがストレスになる
    電気使ったじて基本料金まるので、無駄がない

    おわりに

    東京電力へのえは、9月から契約開始されます。

    新電力の時のような、急な契約変更はないと安心できる一方
    基本料金単価(1kW)は、1.6倍になるため、
    節電試行錯誤しているところです。

    JEPX公表市場価格がりけてるので、
    燃料費調整額がる期待は薄く、
    自分たちでやりくりしていくしかありません(>_<)

    今後は、電気使んでいき、
    またらしの発信をシェアしていきたいと思っています。

    まずは、SwitchBot を使って消費電力研究中です(^_^;)

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    これまでの電気代を、グラフでまとめてます。

    このサイトを応援しませんか?

    記事がお役に立てたり、お楽しみ頂けたら、応援よろしくお願い致します。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA