【一条工務店】オススメされず⤵あきらめたオプション




    ご訪問ありがとうございます。k-non妻です。
    我が家は、2020年に i-smart を建築し、もうすぐ2年になります。

    一条工務店と契約してからも、時間が取れる時には、
    まだ行っていない一条工務店の展示場を廻ったりしていました。

    見ると聞くとは大違いは本当で。
    ブログやSNSで発信される情報も、実際観ると思っていたのと違っていたり、
    いい意味で裏切られることもあったり、一方だけではわからないことも多いです。

    私たちより先に i-smart を建てた友人は、隣県の展示場も網羅していたようで(笑)
    そのススメもあり、時間が許す限り見学しました。

    そこから得た情報も合わせながら、あきらめたオプションについてお伝えしていきます。

    小屋裏収納

    引用:一条工務店お住まい検討シート

    とある展示場で小屋裏収納を見学し、その時から気になっていた収納です。

    我が家は、コンパクトなお家を建てると決めていたので、
    廊下が少ない間取りで、2階建ての27坪のお家を建てることになりました。

    27坪なら平屋の方が良いのでは・・?と疑問に思う方もいると思うので、
    平屋を選ばなかったこと↓コチラに書いてます。

    部屋数部屋の大きさを優先させると、収納スペースは減ってしまいます。

    間取りから、まとまった収納スペースを作ることは難しく、
    物が多い私たちはちょっと不安要素になっていました。
    そして小屋裏収納作るのは?と思い始めます。

    引用:一条工務店お住まい検討シート

    小屋裏収納は、2階建ての上につくられます。

    構造上、設置できるか否か検討が必要になります。

    金額

    1.5坪まで 190,000
    2.0坪まで 219,000
    3.0坪まで 277,000

    階段はハシゴ階段です。

    引用:一条工務店お住まい検討シート

    私たちが展示場でみた小屋裏収納は、小さなボックス階段になっていました。

    この小屋裏収納床暖断熱材の施工はないそうです。
    そしてフローリングも貼らない状態の板のまま

    ロフトのイメージとは、ちょっと違います。
    あくまで収納ができる押し入れに近く、天井もロフトから比べて低いです。

    設計士さんに展示場で見た小屋裏収納が作れないか話してみました。

    構造上設置が可能か?の問題に入る前に、
    我が家には、あまりオススメできないこと話してくれました。

    オススメされなかった理由は・・

    展示場に作られてた小屋裏収納を作るのは難しいこと

    2階リビングにより設置場所が限られること

    まとまった収納スペースでも使い勝手はあまり良くない事

    ハシゴ階段を使っての収納は、収納する物選ぶということ

    ① 展示場でみた小屋裏収納を作るのは難しい!

    展示場は一般の住宅に比べ大きく建てられています。

    大きく建てられている分、小屋裏収納スペースも広くとれてるので、
    一般の住宅では同じようなスペースを取るのは難しいそう(天井高も含めて・・・)。

    我が家の場合、一般平均よりもコンパクトになるのでなおさらかもしれません。

    ② 2階リビングだと設置場所が限られる?

    2階リビングなので、リビングの天井が開いてしまうのは・・・と、
    見た目のことを心配してくれました。


    たしかにリビング天井が綺麗なフラットじゃなくなってしまいますからね💦

    ③ 使い勝手があまり良くない?

    小屋裏収納は天井が低いです。
    屋根形状に合わせて作られ、ハシゴ階段の設置場所によっては、
    ベストな形や希望通りに作るのは難しいようです。
    (小屋裏収納を優先の間取りにすれば可能かもしれません)


    おそらく展示場でみた小屋裏収納は、計算し尽された配置なのかもしれません。

    ハシゴ階段の位置によって奥行のあるかたちになり、
    収納した物動かす・取り出す作業が大変


    自分たちが描いていた収納スペースではなくなってしまうかもしれません。

    ④ ハシゴ階段の収納は、収納物を選ぶ

    両手がふさがった状態でハシゴ階段を上り下りするのは、容易ではありません。

    大きな物重い物を出し入れする時には、一人ではちょっと大変です💦

    ハシゴ階段ではなく、小さなボックス階段(展示場でみたもの)にする案も考えてみるも・・・
    階段の設置スペースが必要であり、コンパクトに建てたい我が家には難しいことが理解できました。
    (おそらくボックス階段にすると費用も増すはずです)

    私たちの出した答えは

    小屋裏収納断念という結論に至りました。
    設計士さんのアドバイスは的確で、アドバイスの一つ一つが想像できるものでした。


    オプションの話をそのまま取り入れるではなく、私たちが生活しやすい住まいのかたちへ。
    否定的な意見でも、きちんと伝えてくれたことがありがたかったです。

    おわりに

    我が家においては、小屋裏収納の設置が難しく、否定的な側面が浮き彫りになってしまいました。

    何においても言えますがメリットデメリットはつきものです。

    2階が完全なプライベート空間であったり、お家をもう少し大きくしていたら、
    小屋内収納へ季節品・アウトドア用品など置いたり出来て良いと思います。

    一般的に小屋裏収納屋根裏収納は、換気湿度の問題で懸念されがちです。
    室内の湿度管理と定期的に開けておくなど換気の工夫で解消できるようにも思います。

    検討の方は、早い段階で設計士さんに相談してみてくださいね。

    つければ良かったオプション↓こちらに書いてます

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    このサイトを応援しませんか?

    記事がお役に立てたり、お楽しみ頂けたら、応援よろしくお願い致します。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA