5/19更新 床暖房稼働中 リアルタイム床暖温度 公開! 詳しくはこちらをClick👆

【一条工務店】Wi-Fi 問題。床暖の影響受ける!?




    ご訪問ありがとうございます。k-nonです。

    今や自宅でもネット環境が当たり前の時代になってしまいましたね。

    お家のスマートホーム化によりWi-Fi の接続も必須になってきています。

    我が家も太陽光発電モニターを見るのに、Wi-Fiのルーターを通しているので重要であったりします。

    ※太陽光発電の発電量通信機は、入居早々に通信障害がわかり使用出来ずWi-Fiルーターを使っております。

    家の使用

    我が家も全館床暖房になります。

    i-smart 間取り

    2階建て 3LDK  27坪 延床面積(89.16㎡)

    1階 ⇒ 洋室7帖(寝室)、洋室4.5帖、洗面室・お風呂、トイレ

    2階 ⇒ リビング&キッチン14.75帖、パントリー1.5帖、洋室4.75帖、トイレ

    オール電化 太陽光発電パネル 10.08kw搭載 蓄電池無し  うるケア採用

    玄関のシューズクロークに情報ボックスが設置されています。
    ルーターもそこに設置してあります。

    Wi-Fi プラン

    入居時:SoftBank光

    現 在:楽天ひかり

    Wi-Fi 通信状況

    1階 良好。
    2階 階段を上ったあたりまでは電波は良好ですが、部屋に入ると悪くなり使えません。ドアを開けた状態でも状況はかわりません。


    2階リビングの我が家にとって、2階でWi-Fiが繋がらないのは大きな痛手です。

    床暖パネルが遮蔽物となっているといえそうです。

    解決策

    1. 中継機の使用を考える
    2. ルーターを2台にする

    ①中継機の使用

    中継機の購入を検討し調べてみると、メーカーは多数。もちろん性能や値段も幅があります。

    口コミを参考に色々読んでみると、中継機によって電波が拡大されても、起点となるルーターの置き場所や、遮蔽物・障害物により通信状況が必ずしも良好になるとは限らないことがわかってきました。

    機器の保証があるので、試してみないとわからないのかもしれません。

    ②ルーターを2台にする

    こちらも調べてみると、メリットとして安定的な通信状況が確保される一方で、電波の干渉が起きてしまうことや、親機に良いルーターを置くなど注意する点もありました。

    目に見えない電波に対して、改善策を講じるのは難しいな~と模索していた矢先、以前 SoftBank が提供してくれた無料のルーターが眠っていたことを思い出しました!

    慌てて・・階段下収納へ探しに~
    ゴソゴソと見つけ出し、2階の情報コンセントのLAN端子に接続しスイッチオン!!

    電源が入り、アクセスポイントが表示され接続して無事解決となりました。

    1階、2階と Wi-Fi を切り替える必要がありますが、電波状況は良好です。

    (お金をかけずに解決となりラッキーです♬)

    おわりに

    我が家も、実際に住んで電波状況の悪さに直面しました。
    床暖パネルが遮蔽物であると大いにいえると感じています。


    2階建てのお家では、なにかしらの対策を考えておくと慌てずにすむと思います。

    間取り検討中であるなら、情報ボックスの位置や、吹き抜けの場所を考慮してみるのも一つの案かなぁ~とも思います。

    なかなか回避するのは難しい問題でありますが、認識しておくと対応がスムーズかと思います。

    (アクセス集中による影響が少ないIPv6対応・高速Wi-Fi5対応でコスパ最強!!我が家も使用)

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    ブログ村に↓↓参加しています。リアクションいただけると励みになります(≧∀≦)

    ポチりしてくれた方、ありがとうございます。今後も頑張ります(^_^)/




      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA


      SNSでシェア