床暖房稼働 ≪ 設定温度 ≫ 公開中! 詳しくはこちらからClick👆

【一条工務店】結露を防ぐ住まいとは・・




    ご訪問ありがとうございます。k-nonです。

    になると結露まされていた以前まい。
    毎朝結露れかえったくのが日課になっていました。

    結露取りワイパーでの作業
    やらないとカーテンにくっついてしまうし、
    放置するとカビになってしまいます💦

    出窓にジャンプするので、
    しっぽビショビショになることもありました(-_-;)

    るたびに結露っていたので、
    には、結露ができにくい家というのが課題でもありました。

    室内温度差からまれる結露は、
    100%ぐことはしくもありますが、
    今回は結露を防げる住まいについていていこうと思います。

    結露とは

    冬場外気温低く室内暖房められていると
    たい外気影響内側水滴いてしまう現象結露きてしまいます。


    コップたいぐと
    外側って水滴がつく・・これも結露の一つです。

    最近話題ダブルウォールグラスでは、
    けにくく結露きないですよね
    ガラス二重構造になっていて、
    空気があるので結露しないわけです。

    それは、にもえるとうんです。

    結露を防ぐには・・

    建物全体がしっかり断熱されていることが重要になってきます。

    えやすい場所があると、そこはえる空間となり
    たい空気のため結露きやすくなります。

    温度差をなくし室温一定つことが結露ぐことになり、
    極端えた場所をつくらないようにすることは、
    温度差まないことにがります。
    この部分は、私たち暮らし工夫努力必要になってきます。

    わせて湿度管理をして、
    湿度状態らないようにする必要もあります。

    家づくりで、結露まい必要
    4つのことをお伝えしていきます。

    • 断熱・気密性が高い
    • 第一種換気システム
    • 窓やサッシの性能を重視
    • ドアを厳選する

    断熱・気密性が高い

    天井などに断熱材施工してあると、
    室内屋外がしっかり遮断され、からのわりにくくなります。

    分厚い断熱材ダブル断熱による高断熱は、
    温度差のないへの第一歩になります。

    また、建物隙間徹底的になくした高気密であることも、
    室内温度一定つことにがります。

    冷気さず遮断できることは、
    結露まいにづきます。

    第一種換気システム

    給気・排気両方換気する第一種換気システム
    室温一定キープしながら換気うことができる熱交換換気システムは、
    熱損失さくえられます。

    引用元:一条工務店HP

    一条工務店第一種換気システムロスガードは、
    室内温度湿度づけた交換で、
    室温変化最小限にしています。

    窓やサッシの性能を重視

    は、断熱性能弱点となりやすい場所です。
    暖房時に、からげていくは約50%にもなるため、
    性能がとても大事になってきます。

    サッシの種類

    サッシ断熱性能

    木製サッシ 樹脂サッシ アルミ樹脂複合サッシ アルミサッシ

    くなっていきます。

    アルミは熱伝導率が高いので避けたいところです。

    窓の種類

    断熱性能は、

    トリプルガラス ペアガラス(ガラスが2枚) 単一ガラス

    くなっていきます。

    ガラス熱伝導率いのが特徴ですが、
    熱伝導率いはずのガラス結露ができてしまうのには
    ガラス厚み関係しています。

    薄いガラス外気温内気温(室温)影響けやすく結露ができてしまうのです。

    浴室を、ブラインド内蔵樹脂サッシにしてしまい
    窓全体にうっすら結露することがあります。

    (ブラインド内蔵樹脂サッシをやめて)
    トリプルにしておけばかったとっています💦

    ペアガラス断熱がずっとになっていたので、
    内窓ってみました。

    く・断熱にもなり、仕上がり満足しています。

    スマートバス設備にあるブラインド内蔵樹脂サッシのことかいてます。

    窓の数・大きさ

    断熱性能げるには、
    らし、面積さくすることです。

    ですがデメリットもあり、採光確保できずじたり、
    景色しむことが出来ない・部屋じるなど‥
    生活きくわってきてしまいます。

    効果的選択配置になってくるとえます。
    えば、引き違い窓なくしたり、
    FIX活用するなどが工夫できるところだといます。

    ドアを厳選する

    寒冷地以外だと、断熱材施工がない玄関土間部分は、
    室内温度くなるエリアです。

    室温差極力減らすためには、
    ドア断熱性能特化したものをぶことが必須になります。
    熱貫流率えると、片開きドアにするほうがいといます。

    親子扉だと隙間出来?! 後悔したことです(T_T)

    おわりに

    家づくりにおいて、結露げるまいにしたとしても、
    その後私たち暮らしが、結露ぐために大事になってきます。

    室温一定つこと
    えやすい場所らないこと
    湿度管理うこと

    湿度管理使ってます

    100げるわけではないですが、
    私たち生活から、最小限えることは可能だといます。


    だけではなく一年して温度差のない暮らしをすることで、
    室温差なくすことや、湿度安定しやすくなります。

    季節問わず一定室温湿度暮らし心掛けています。

    i-smart結露事情は(関東在住です)
    今年(2022年)の元旦氷点下です。

    元旦

    今年(2022年)↓積雪があった翌日です。

    雪の翌日

    窓全体結露ができたわけではなく、
    どちらも下部分結露になります。

    以前賃貸住まいべると、
    格段げて、らしがになりました。

    では、しっぽれずにすんでいます ^^;

    以上となります。

    最後までご覧いただきありがとございました。

    このサイトを応援しませんか?

    記事がお役に立てたり、お楽しみ頂けたら、応援よろしくお願い致します。

      コメントはお気軽にどうぞ(*^^*)

      CAPTCHA